スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧型に1.50Kernelを導入

いまさらな記事ですが、
紹介しないのもアレなんでちょこっと。


1.50Kernel AddonはPSP-1000限定で、
FW1.00、1.50用の自作ゲームが起動できるようになるものです。
これでさまざまな自作ゲームがプレイできます。

○注意
・旧型(1000)以外導入できません
・導入に伴い、PSPのメモリが限界の為、
 「apotp.dic」が削除されます。
 これは日本語予測変換を行うものであり、
 ない状態で文字を変換するとフリーズします。
念のため、Flash0のバックアップは必ずしておきましょう
必要ならばflash0/dic/apotp.dicのバックアップも忘れずに。

○準備
・CFW導入済みPSP-1000
公式FW1.50のEBOOT.PBP
1.50 Kernel addon for 5.00


○導入

1.
  「1.50 Kernel addon for 5.00」をDLして解凍

2.
  解凍した中の、「150k_installer」フォルダをPSPのGAMEフォルダへ移す。

3.
  FW1.50の EBOOT.PBPを 150.PBPとリネームし、
 これもPSPのルートフォルダへ。 (ms:/150.PBP

4.
  PCとの接続を切り、XMBから「1.50KernelAddon for5.00」を起動し、
×ボタンでインストールが始まります。
完了後、7秒たつと再起動されます。

お疲れ様でした。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

About
■はじめに
当ブログで記載されている作業を実行し、どんな不利益が生じようとも、当方は一切の責任を負いません。
自己責任でお願いします


管理人:零

■その他
当方はリンクフリーです。
相互リンクも常時受け付けています。
基本内容
UMD吸出し・圧縮
自作ゲーム
自作アプリ
プラグイン
エミュレーター
カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。