スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メモステのフォルダ構成

今回はメモステのフォルダ構成についてまとめてみます。
メモステ購入時は、最初に本体設定メモリースティックのフォーマットをしましょう。
これをすることにより、すべてのフォルダが自動で作成されます。
全部解説すると大変なのでよく使うものだけ。



 ms0/: 
 ├seplugins *1
 ├ ISO *2
 ├ PSP *3
 │ ├ GAME *4
 │ ├ GAME150 *5
 │ ├ GAME○○○ *6
 │ ├ SAVEDATA *7
 │ └ THEME *8
 ├ MUSIC *9
 ├ PICTURE *9
 └ VIDEO *9
                   


*1… 『seplugins』フォルダ
 チートツールやスクリーンショットなどのプラグインを入れるところ。

*2…『ISO』フォルダ
  UMDから吸い出したISOを入れるところ。吸出し方法はココから

*3…『PSP』フォルダ
  PSP関連のフォルダが入っているところ。

*4…『GAME』フォルダ
  自作ゲーム・アプリを入れるところ。CFWのアップデータもここに入れる。

*5…『GAME150』フォルダ
  FW1.50用の自作ゲーム・アプリをいれるところ。PSP-1000にしかない。

*6…『GAME○○○』フォルダ
  FWによって数字が変わる。そのFW用の自作ゲーム・アプリをいれる。

*7…『SAVEDATA』フォルダ
  ゲームのセーブデータが入っている。DLしたセーブなどはここで入れ替える。

*8…『THEME』フォルダ
  ダウンロードしたPSPのテーマをいれるところ。

*9…『MUSIC』『PICTURE』『VIDEO』フォルダ
  それぞれ音楽、画像、動画をいれるところ。
  読み込める形式はきまっているので対応しているものをいれよう。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

About
■はじめに
当ブログで記載されている作業を実行し、どんな不利益が生じようとも、当方は一切の責任を負いません。
自己責任でお願いします


管理人:零

■その他
当方はリンクフリーです。
相互リンクも常時受け付けています。
基本内容
UMD吸出し・圧縮
自作ゲーム
自作アプリ
プラグイン
エミュレーター
カテゴリ
カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。